祖父から受け継いだ築45年の住宅。
住宅密集地のため、プライバシーを守りながら日当たりの悪さを解消することが課題となっていました。

そこで天井まで届く開口窓、階段・玄関の吹き抜け、仕切りをガラスにすることで採光を確保。また無垢の板張り天井床材、既存の障子や床柱を活用し、上質な和モダンの空間に。

採光性とともに、住宅性能も向上し、次の世代に永く住み継ぐ住まいを実現しました。

REFORM DATA
築年数: 45年 面積: 123.85㎡
「今の家の良い部分を活かして、永く住める家を」
東急Re・デザイン戸建リフォームでは、ご相談・調査・提案・施工・サポートまで、
施主様の想いと共にまるごと再生する戸建リフォームをご提案しております。
実例集お届けサービス