• 31年
  • 日当たりの問題を吹き抜けで解消!光あふれる、寛ぎのLDK

「東急Re・デザインの実例見学会で、リフォームでもここまでできるんだ!と実感しました」とNさん。住宅密集地にあるため日当たりが悪かった、築31年のご実家。これからの生活スタイルに合っていない、細切れの間取りにもお悩みでした。まず、1階は居間と和室、独立型の台所を一体化。開放感あふれるLDKへと生まれ変わりました。また、2階の使わない洋室は、書斎とWIC、水まわりに変更。一部を吹き抜けにすることで、新設した高窓から日差しを階下に届ける工夫も施しました。さらに、独立型の台所は、念願だったオープンキッチンに一新。「日差しを感じながら、料理ができます。ここまで明るくなるなんて、想像以上!充実した毎日を送っています。」 

REFORM DATA

  • 築年数:31年面積:約89m²
  • 工期:約120日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、和室、階段、収納、書斎など

AFTER

REFORM DATA

  • 築年数:31年面積:約89
  • 工期:約120日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、和室、階段、収納、書斎など

BEFORE


AFTER

【外観After】[制震装置] + [補強] の耐震工事で、地震の不安を解消

BEFORE

【外観Before】雨漏りや断熱性の低さなど、建物の老朽化も課題だった

【リビング・ダイニング】和室だった部分をLDKに取り込み、オープンなリビングが誕生。部屋の一角には、フラットに続く畳スペースを設けた

  • 【収納】キッチンのすぐ横に新設した、大容量のパントリースペース。家電や食品など、かさばる物がスッキリ片付く

  • 【書斎】吹き抜けの横に設けた書斎は、こもり感のあるプライベートスペース
     

  • 【玄関】元は階段のあった場所を活かして、趣味のロードバイクのメンテナンスができる土間スペースを新設


間取りDATA


Facebook Instagram YouTube