• 40年
  • 賃貸併用住宅から、2世帯住宅に 耐震+制震で強く生まれ変わる

お母様との同居を機に、1階が住戸、2階が賃貸スペースだった住まいを2世帯住宅へまるごと再生。また、築40年の住まいは耐震性にも不安がありました。 まず、耐震性を改善するため、弱点を金物で補強。建物の変形を約1/2に軽減する<制震システム>を構造体の一部に導入し、建物を芯から強く。「先の大地震のときも揺れが少なくて、家の中で何も倒れず器ひとつ壊れなかった。やっておいてよかったです。」とOさん。 次に、独立していた1階と2階を内階段でつなぎ、一住戸に。2階は、細かく分かれていた部屋をつなげ、広々としたLDKを実現させました。キッチンは対面式で、お料理中でもお子様の様子が確認でき、安心して家事ができるようになりました。 外観も一新し、老朽化した住まいが新築同様に生まれ変わりました

REFORM DATA

  • 築年数:40年面積:約106m²
  • 工期:約111日間
  • リフォーム部位玄関/リビング・ダイニング/キッチン/浴室/洗面所/トイレ/階段

AFTER

REFORM DATA

  • 築年数:40年面積:約106m²
  • 工期:約111日間
  • リフォーム部位玄関/リビング・ダイニング/キッチン/浴室/洗面所/トイレ/階段

BEFORE


■リビング(アフター)部屋を細かく仕切っていた壁をなくし、広々としたスペースを実現

AFTER

■外観(アフター)
外からは見えない基礎や構造も、耐震工事で芯から強く再生

BEFORE

■外観(ビフォー)
築40年が経ち、耐震性に不安を感じていた

AFTER

■キッチン(アフター)
白で統一した清潔感のあるキッチン

BEFORE

■キッチン(ビフォー)
水まわりや設備にも老朽化が目立つようになっていた

  • 壁面いっぱいの靴箱で、玄関もスッキリ

  • 階段下も収納にして有効活用


間取りDATA


Facebook Instagram YouTube