• 45年
  • 木の素材感を活かした光あふれる"和モダンリビング"

「祖父が建てた家を大切に住み続けたいので、リフォームを選びました」とNさん。住宅密集地のため日当たりが悪く、使っていない部屋があるなど、細切れの間取りにお悩みでした。そこで、築45年の家を『まるごとリフォーム』。まず、台所と二間続きの和室を一体化。キッチンを移動して、リビングを一望できる対面式に変更。また、大きな窓を新設し、吹き抜けにした階段からも光が届く、開放感あふれるLDKへと生まれ変わりました。「以前と比べ明るさは段違い!暖かな陽射しを感じます」さらに、無垢の板張り天井や床材、ほのかに光を通す格子など、素材そのものの質感を巧みにデザイン。落ち着いた雰囲気の、和モダンリビングを実現しました。「細部にまでこだわりが詰まった、希望通りの家になりました」

REFORM DATA

  • 築年数:45年面積:約124m²
  • 工期: 約200日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、和室、階段、収納など

AFTER

【リビング・ダイニングAfter】居間と台所、和室を一体化。大開口の窓と吹き抜けにした階段から光が届く、オープンなLDKへと生まれ変わった

REFORM DATA

  • 築年数:45年面積:約124m²
  • 工期: 約200日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、和室、階段、収納など

BEFORE

【リビング・ダイニングbefore】細かく仕切られていた、既存の間取り


AFTER

【外観After】標準仕様の耐震工事を実施

BEFORE

【外観Before】耐震性が不安な築45年の家

  • 【リビング・ダイニング】板張り天井や格子、深みのある色使いのニッチ収納で、落ち着きのある和モダンリビングに

  • 【玄関】玄関と和室の仕切りをガラス戸にして視界が広がる
     

  • 【廊下】階段をスケルトンにして、採り込んだ光を遮らないよう工夫

  • 【和室】ロフトの内窓には、既存の欄間や床柱を再活用 

  • 【その他】心地よい陽射しが集まるペントハウスを新設 


間取りDATA


Facebook Instagram YouTube