• 45年
  • 古き良き建物を活かし、別荘のようなくつろぎの住まいに

歯科医院を併設していた築45年のご実家は、診察室などで部屋が細かく仕切られ、生活しにくい間取りでした。「古き良き雰囲気は残しつつ、広々とした住まいで暮らしたい」というAさんのご希望を叶えるため、間仕切りのないオープンな間取りにまるごと再生。壁を抜き、天井も取り払って開放感抜群のLDKを実現させました。同時に断熱工事も施し、ドアのないオープンな大空間でも暖かく暮らせるように配慮しています。柱やハリは古木調に塗り、既存のガラスブロックや建具、照明などを活かして、アンティークな内装に。まるで別荘を訪れたような、くつろぎの住まいへと再生されました。

REFORM DATA

  • 築年数:45年面積:約136m²
  • 工期:約4ヶ月半
  • リフォーム部位リビング・ダイニング、キッチン、バス、トイレ、洋室、玄関、外壁・屋根 など

AFTER

REFORM DATA

  • 築年数:45年面積:約136m²
  • 工期:約4ヶ月半
  • リフォーム部位リビング・ダイニング、キッチン、バス、トイレ、洋室、玄関、外壁・屋根 など

BEFORE


【リビング・ダイニング】ダークに塗装した柱、ハリ、キャットウォークが珪藻土の塗り壁と調和して、シックな味わいを醸し出すLDK。天井にはスピーカーを埋め込み、大好きな音楽を暮らしの中に。「断熱性が高まったので、こんなオープンな間取りでも、冬は床暖房だけで暖かく過ごせます」とAさん

  • 【リビング・ダイニング】アンティークなソファーや家具がお似合いのリビング。壁面には棚を設け、たくさんお持ちの本やDVDコレクションを収納。壁にはガラスブロックをはめこみ、寝室へも光が抜けるように工夫
     

  • 【キッチン】LDKの中心に配置され、ひときわ存在感を放つアイランドキッチン。黒の木目調のキャビネットに石目の白いカウンターが美しい。趣味の蕎麦打ちを楽しめるように、カウンターはワイドサイズ。キッチン上の天井にはダークカラーの杉板を貼り、エアコンもビルトインでスッキリとした見た目に

  • 【ペットスペース】LDKの一画には、インナーテラスを設けて愛犬のくつろぎスペースに。床にはタイルを使い、汚れても掃除がしやすいように工夫。愛犬が外を眺められるよう、壁の低い位置にはスリット窓を設置する工夫も

  • 【ペットスペース】愛猫のためには、各部屋をつなぐキャットウォークを走らせて、家中を気ままに移動できるようにしました。
     
     

  • 【収納】撤去できない柱は、収納コーナーとして活かした。棚を設けて、ちょっとした小物を置いたりできる便利なスペース。上部のキャットウォークは、アーチ型のトンネルで各部屋へとつながっている

  • 【収納】
     
     
     


     
  • 【玄関】オリーブグリーンの木調玄関ドアと、白いレンガ貼りのポーチが南欧風の雰囲気
     

  • 【外壁・屋根】白く塗装した壁に、青い陶器瓦の屋根が映える平屋の外観。「屋根は瓦の雰囲気が好きなので既存のまま活かしました」とAさん


間取りDATA


Facebook Instagram YouTube