• 39年
  • 住宅密集地で光を招く工夫が満載!開放感あふれる吹き抜けリビング

「住宅密集地にあり、日当たりがとても悪かったです」とTさん。築39年のご実家はLDや台所、和室で区切られた、閉塞的な間取りでした。そこで、家族のスタイルにあった間取りと、可能な限り明るくするため、『まるごとリフォーム』を決意。 まず、1階は居間と和室、独立型の台所を一体化。ワンフロアでつながる、開放的なLDKが誕生しました。また、細切れだった2階は、必要な部屋を残し、不要な和室を減築。新設した高窓や天窓から、光を届ける工夫を施しました。 さらに、耐震強度の確保が難しいスキップ構造を見直し、その上で、標準仕様の【制震装置】+【耐震補強】を実施。芯から強く、永く住める家へと再生しました。「ソファーに座って、空を眺める時間が格別!ここまで心地よく暮らせるなんて、以前の家からは想像出来ませんでした」

REFORM DATA

  • 築年数:39年面積:約110m²
  • 工期:約160日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、和室、階段、収納、書斎など。

AFTER

REFORM DATA

  • 築年数:39年面積:約110m²
  • 工期:約160日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、和室、階段、収納、書斎など。

BEFORE


AFTER

【外観After】耐震性UPで新築同様に

BEFORE

【外観Before】傷みが目立っていた外観

【キッチン After】 キッチンを移動して、リビングを一望できる対面式に。さらに、天窓を設けて、自然光を届ける工夫も施した

  • 【リビング・ダイニング】2階の和室を撤去することで、吹き抜けを新設。高窓から明るい光が降り注ぐ、開放感あふれるLDKが誕生

  • 【2階After】和室で細かく区切られていた2階も、間取りを一新。それぞれの個室に加えて、こもり感のある書斎スペースや、小屋裏を活かしたロフト収納を新設

  • 【玄関】趣味のロードバイクのメンテナンスができる、土間玄関
     
     


【バルコニー】坪庭で外とつながり、一層の広がりを生み出す

間取りDATA


Facebook Instagram YouTube