• 39年
  • 祖父が残してくれた家を『まるごとリフォーム』新築同様に生まれ変わりました!

「以前のマンションが手狭になり、祖父が残してくれた家へ住み替えを決めました」とHさん。しかし、築39年と老朽化が進み、間取りも和室を中心に細かく区切れられていました。そこで、ゆとりあるリビングを実現するために、まるごとリフォームを決意。まず和室や居間を一体化し、広々LDKが誕生。独立型だった台所は、LDを見渡せるオープンキッチンに。ダイニングと横並びにすることで、スムーズな動線を実現しました。また、リビングのテレビ背面には、間接照明と調湿装飾タイルを壁に施し、上質感を演出。さらに、新設したテラスにはシンボルツリーを植えて、LDKからも開放的な景色が楽しめます。「まるで新築したような住み心地に大満足です!」

REFORM DATA

  • 築年数:39年面積:125m²
  • 工期: 約130日
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、階段、収納、書斎など

AFTER

【キッチンAfter】LDを一望できるオープンキッチンに変更。背面側の収納を充実させて、カウンターはいつもスッキリ片付く

REFORM DATA

  • 築年数:39年面積:125m²
  • 工期: 約130日
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、階段、収納、書斎など

BEFORE

【キッチンBefore】壁で仕切られ閉塞感のあった台所


AFTER

【外観After】傷みの目立っていた外観も新築同様に一新。落ち着きのあるライトグレーのサイディングに、ベージュのラインがアクセントになる

BEFORE

【外観Before】築39年が経過し、さらに空き家だった期間が長かったこともあり、雨漏りも発生していた

  • 【リビング・ダイニング】和室中心に、細かく区切られていた間取りを一体化。開放感あふれるLDKが誕生した。中央の仕切りを閉めれば、個室としても使える。

  • 【リビング・ダイニング】和室中心に、細かく区切られていた間取りを一体化。開放感あふれるLDKが誕生した。中央の仕切りを閉めれば、個室としても使える。

  • 【水まわり】古さの目立っていた水回り設備も「まるごと一新」。水まわりの間取りを整理することで、洗面室から脱衣所、バスルームまで一直線につながり、ゆったりと使える水まわりスペースを実現。

  • 【ユーティリティスペース】DKから水まわりに続く動線上に設けたユーティリティスペース。アイロン掛けや洗濯物の整理など多目的に使えるように、造作のカウンターを設けた

  • 【書斎】自宅でも仕事をすることが多いご夫婦のために、それぞれの書斎を設置。書斎の壁の凹面には造作の本棚を設けた

  • 【玄関】天井まで高さがある、大容量収納を設けた玄関スペース。さらに、壁面を活かしたクロークも新設


間取りDATA


 
 

Facebook Instagram YouTube