• 47年
  • こだわりの輸入家具が映える、寛ぎリビングが誕生

「両親の思い入れ深かった家の中でも、特にスケルトン階段を活かしたかった」とAさん。築47年のご実家で永く住み続けるため、「まるごとリフォーム」を決意。まず、台所・食堂・居間に分れた間取りを一体化。開放的なLDKが誕生しました。また、個室だった台所を見晴らしの良いオープンタイプに変更。窓に映る四季折々の庭園を楽しむことができます。さらに、玄関ホールにあったスケルトン階段は、壁の位置を移動することでリビングの中に。無垢板やアイアンの重厚感と、アンティークテーブルや輸入家具の洗練されたインテリアデザインが調和します。「リビングにいるだけで、気持ちがほっとします。旅行先でも、家が恋しくなるくらいです」

REFORM DATA

  • 築年数:47年面積:約163m²
  • 工期: 約100日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、和室、階段、収納、書斎など

AFTER

区切られていた間取りを一体化。窓に映る四季の庭園が楽しめる、オープンなLDKが誕生

REFORM DATA

  • 築年数:47年面積:約163m²
  • 工期: 約100日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洗面所、洋室、和室、階段、収納、書斎など

BEFORE

細かく区切られた以前の間取り


AFTER

【キッチン・システムキッチンAfter】個室だったキッチンは、LDを一望できる対面式に。背面に大容量のパントリーを設置することで、オープンキッチンはいつもスッキリ

BEFORE

築年数が経ち、水まわり設備を中心に、老朽化が目立ち始めていた

  • 【リビング・ダイニングAfter】区切られていた間取りを一体化。窓に映る四季の庭園が楽しめる、オープンなLDKが誕生

  • 【玄関】エントリークロークを設けることで、開放的に生まれ変わった玄関


【リビング・ダイニング】仕切りを移動することで、玄関ホールにあったスケルトン階段をリビングの中に。無垢とアイアンの重厚感ある佇まいが、落ち着きのあるインテリアと調和する

間取りDATA


 
 

Facebook Instagram YouTube